スタッフ日記

マラソンブーム

at 2008-2-1

2007年12月9日 太平洋青島マラソンに出場しました。
ご存じの方も多いかと思いますが、そう!欽ちゃんこと萩本欽一さんと知事こと東国原知事が出場した宮崎のマラソンです。

院長がフルマラソン、衛生士矢田はハーフマラソン、衛生士古賀は写真係と10Kマラソンを完走してしまいました。

古賀の写真がないのは次回のお楽しみということで・・・。

結構スタート時は風が強く寒かったです。参加者が知事効果もあり1万人。
去年は8000人らしい。

会場はすごい渋滞で、参加者の大幅な遅れによって30分スタートが遅れました。

スタート位置が真ん中の方で、結構自分より早く走る人が多く、自分は遅いんじゃないかとあせりました。どんどん どんどん抜かされていって・・・

五キロ地点で前を走っていた女性がこけ、それをみんな避けるように走って行くところを無意識に、手を貸し関係者が来るまで付き添いました。そういう風に自分が出来るなんて、びっくりしました。。。
その時間で最後尾までさがってしまいました。

でもそれが私にとってよかったようで・・・
最後なら 最後らしく楽しく走ろう!って自分の中で思ってそこから笑いがとまりませんでした。

沿道にいるボランティアの高校生が一生懸命応援してくれ
必ず笑顔+手を振り
声援にこたえました。

本当に彼らの応援があったから最後まで走れたのは言うまでもありません。

本当にこんな感じです。

走っててもう一つ
障害者の方が伴走の人と一緒に走っているのですが、

その方たちを抜かすたびに本当に涙が出ました。
自分は五体満足で、走ることに何の障害もないのに
目が見えない人が伴走者とのロープだけで21KMをはしるのですから・・・。

私は本当に全てのすばらしいものを持っているのに、
それを全然見ようとせず 人が持っているものをほしがったりうらやましがったりしていたんだということを障害者の方をみて感じました。

今回の目標

・完走する
・下を見ない
・後ろを見ない
・沿道の応援に応える

全てを達成することができました。

そして、

一度も歩かなかった!!!

本当に自分で自分をほめてあげたいとは このことですね。

ここまで自分が出来るとは思いませんでした。

それもこれも応援してくれた沿道の人達、
そして頑張れメールをくれた友達
そして、大会につれてきてくれた院長、古賀涼子さん。

ほんとにありがとうございました。

今回もゴール地点に 涼子さんが両手を広げてまっていてくれました。

ゴールした瞬間は言うまでもなくめちゃめちゃ楽しかった!っと号泣してしまいました。

そしてそんな姿をテレビインタビューされてしまいました。放送されたかどうかは知る由もありませんが・・・。

今年の目標は、
ハーフマラソンのタイムを10分短くする。
そして、フルマラソン完走!!

必ず達成します。

おまけ・・・
2月3日にハーフマラソンに出場します。
今回は一人での参加で不安もありますが、自己ベストを10分更新できればスタッフがご褒美をくれるということで、頑張ってきます!

ランナー矢田でした。