なごみ日記

チャリティイベントに参加して 古賀涼子1号

at 2007-12-25


『チャリティー』という言葉はよく耳にしていましたが、私がチャリティーに参加することになるとは思ってもいませんでした。
しかし、ある人が教えてくれました!『チャリティーは誰でも参加できるものだ』ということを。
その言葉に勇気づけられ、今年はチャリティーに3回参加しました。
そして、チャリティーに参加してみて、元気になっていく自分に気づきました。

今年3回目であり一番大きなイベントである孤児院の子供とともにディズニーランドへ行くことができました。
そこでは、子供を楽しませることを目標にと、大人の目線で子供を楽しませてやる!なーんて、上からの目線で子供を見ていたようです。
やっぱり、それでは子供を楽しませるなんてことはできませんでした。子供は大人をよく見ていて、大人の思い通りにはなりません。
そのことに気がついて、自分が本気で楽しむことにしました。そうしたら、子供も本気で向き合ってくれるようになり、何事も人に何かしてあげるなんてことは、自分のエゴ以外何ものでもないのかもしれないと思いました。
人生は一度きりで人のためも大切ですが、それ以前に自分が幸せを感じられることこそ大切なことだと気づかされました。
人は生まれて死んでいくというのが現実で、その人生をどう生きるかが価値というものになのではないでしょうか。その自分の価値を解釈していきたいと思います。


ディズニーランドからの郵便物には、ディズニーランドオリジナルの消印が押される
という話を聞いて、定期健診のお知らせをディズニーシーのポストに投函しました♪
12月25日から29日の定期健診予定の方はもしかすると、ディズニーの消印かも!!
ご確認あれ☆