コーチング日記

第6ステージその3 CTP経過報告

at 2007-2-3

久しぶりの更新になりました。昨年6月から始めたCTP(コーチ・トレーニング・プログラム)も8か月目を迎えました。全36過程のうち、やっと7過程を先日修了しました。(遅い…)これでも必死で時間を作って参加した結果です。
一番最近履修したクラスは、「目的を持って聴く」というクラスでした。これとは別に「聴く」というクラスもありますから、いかに聴くことが大切でかつ奥が深いかが分かりますね。

クラスの最初に「コーチとして聴くとは?」について説明がありました。それは「話し手(クライアント)が話していること以上のことを聴き取り、feed backで返すことにより、新しい視点に気づいてもらいこと」だそうです。

自分は来院される方の「話していること以上のこと」を聴き取れているのだろうか?
そのようなアンテナを張って、日々人の話を聴きたいと思います。
2006年は多くの失敗、ではなくて多くの体験をしました。愛される幸せなチームをつくるため、2007年は「コーチング漬け」です。
いつもご指導いただくW先生、こんなブログを読んでもらってるT先生、今年はやりますよ!