歯科用CT&マイクロスコープで
より安全に治療

なごみ歯科医院では、来院していただく皆様にさらに安心・安全な治療をご提供するために、より精密な診断を行える歯科用CT&マイクロスコープを導入しています。

歯科用CT

正確な診断を可能にする
歯科用CTを新規導入しました!

被曝量低減 × 三次元撮影 × 成功率アップ

動画を再生するにはvideoタグをサポートしたブラウザが必要です。

従来のX線写真と比べて被曝線量が少ないだけでなく、3次元での撮影が可能となることによって、今までのX線では見ることができなかった部分を立体的かつ様々な角度から見ることができるようになります。

インプラントに必須と言われるCTですが、歯の根の治療(根管治療)や歯周病の治療においても正確な診断が可能となり、治療の成功率を大きく上げることが期待できます。
また、親知らずの抜歯をより安全に低リスクですることも可能となります。

CTを利用した治療のメリット

インプラント治療

インプラントは、骨の中に人工(チタン製)の歯根を埋め込む治療です。
歯科用CTでの撮影画像を元にした3次元(立体)での位置の把握はとても重要で、顎の骨の形態、神経の位置、他の歯との位置関係などが正確に診断できるようになります。このことで、インプラント治療を安全に、安心して行うことができます。

歯の根の治療(根管治療)

葉の根の形態は非常に複雑です。特に奥歯は根が2つ以上あり、さらに1本1本の根の中にある神経の管も複雑な形態をしています。歯科用CTで3次元で撮影することにより、2次元では見えなかった歯根の先端にある病巣を発見できたり、治療後の治癒の状態をより正確に診断することが可能になります。

歯周病の治療

歯周病は、歯を支えている顎の骨が溶けていく病気です。歯科用CTで撮影することにより、肉眼では確認できない骨の状態や歯周病の進行具合を3次元で正確に診断できるようになります。そのため、特に歯周病再生治療(歯周病で溶けた骨を再生させる手術)の成功率を高めることが期待できます。

抜歯

歯科用CTによって歯の根の曲がり具合などを立体的に把握できるので、抜歯を正確にできます。

特に親知らずは、顎の中の太い神経や血管と近接している為、その位置関係を正確に把握することで、より安全な抜歯を可能にします。

歯科用マイクロスコープ

当院では歯科用マイクロスコープ(顕微鏡)を日々の診療に使用しています。マイクロスコープを使用し拡大視野での治療を行うことで、目に見えないひびが発見されたり、根の中の奥深くを直接見ることができるようになったりと、より高い精度での診断・治療が可能となります。


拡大視野での破折線。薬品を併用し
観察しやすくしています。

さらに、この拡大視野での映像をモニターに映し出し、実際に起きている問題や現在の状態を患者様と共に確認し、
説明させて頂くツールとして利用する環境を整えています。
当院では2台のマイクロスコープを活用し、より精度の高い治療に努めています。

歯科用CT&マイクロスコープを導入しました