なごみ通信

2010年10月号

at 2010-10-6

いつもなごみ歯科医院へご来院いただきありがとうございます。おかげさまで、なごみ歯科医院も今月で9年目に突入です。
来院していただける方々に支えていただき、ここまで続けることができました。
開業当初に1,6歳児健診だったお子様が3年生になり、1年生だったお子様が中学3年生と、、、私たちも年を重ねてきました。

秋と言えば 「読書の秋」!「収穫の秋」!!「食欲の秋」!!!
おいしいものを好きなだけ、何の気兼ねもなく食べられるって幸せなことだと思いませんか?
そのためにも、なんでも食べられるお口で一生過ごしていきましょう!
お口といっても歯だけではなく、頬の筋肉や舌の動き、咬み合わせや唇の形。
最近では、アンチエイジングにもお口の周りの筋肉トレーニングなどが話題になっていますね!
今回は、まず「咬む」ということに焦点を合わせていきたいと思います。

皆さまは、食事の時どこで咬んでいますか?!
咬む!って、いつもやっていることですが、意識をしたことがありますか?
衛生士である私も奥歯で咬んでいるつもりでした、、、咬み合わせを学ぶまでは!
実際咬んでいたのは、前歯と奥歯との間で小臼歯と言われる歯で食事をしていました。
「奥歯で咬んでね!」と言っても意外とつもりのことがあります。よって、確認を!

確認方法!
ガムを無意識で咬む!その瞬間に鏡の前で口を開けると!!!それが、あなたのいつもの場所です!

正しい位置(12歳以上)

正しい位置(6歳頃)

バランスよく両方の奥歯で交互に咬むことで、こんな効果が得られます!
・記憶力アップ、集中力アップ
・リラックス、心の安定(情動を安定させる)
・老化防止
・視力のアップ
・体のゆがみを減少
・ダイエット効果
・むし歯予防
・美容効果(リフトアップ、小顔効果、口角UP)
全身の健康に関係しています。そして様々なメリットが生まれます。
しっかり両方の奥歯で交互に咬むという習慣を日頃から身につけましょう!

なごみ歯科医院で販売している歯にいいお菓子の紹介です
キシリトールは虫歯の原因にならないだけでなく、虫歯の発生を防ぎます。
虫歯の原因となる歯垢や酸を作らないことから、むし歯の原因にならない甘味料は数多く存在します。
糖アルコールはその代表であり、基本的に全ての糖アルコールはむし歯の原因にはなりません。
しかし「虫歯の原因にならない」と「虫歯の発生を防ぐ」は、全く意味が異なります
「虫歯の発生を防ぐ」効果が証明されている甘味料は、キシリトールだけです。虫歯の原因となる歯垢や酸を作らないことから、むし歯の原因にならない甘味料は数多く存在します。
糖アルコールはその代表であり、基本的に全ての糖アルコールはむし歯の原因にはなりません。
しかし「虫歯の原因にならない」と「虫歯の発生を防ぐ」は、全く意味が異なります
「虫歯の発生を防ぐ」効果が証明されている甘味料は、キシリトールだけです。


1箱(60g入り) ¥1.050
「歯医者さんが作ったチョコレート」は、むし歯の原因である砂糖を使わず、「キシリトール100%」で甘味を出したことが重要なのです。キシリトールは、お口の中の菌で発酵することがないので酸を作りません。「歯医者さんが作ったチョコレート」は、「甘味料キシリトール100%」。むし歯予防に効果的です。


1袋(35g入り) ¥210
スティッチのパッケージはリンゴ味やイチゴ味がミックスして入っておりお子様向けです。
キシリトール(XYLITOL)入りのタブレット(飴)です。ガムが咬めない小さなお子さんにはオススメのものです。ラミチャック式なので携帯するときも邪魔にならずいつでもなめられます。


1袋(35g入り) ¥262 1ボトル(153g入り) ¥997
キシリトール(XYLITOL)入りのガムです。ラミチャック式もあるので携帯に便利です。

キシリトールは、むし歯菌の成長を抑え、歯の再石灰化を進めます。WHO(世界保健機構)の実験結果も認めるそれらの効果は、「むし歯を予防する」だけでなく「歯を強くする」働きを持つもの。しかも、キシリトールはイチゴやほうれん草などにも含まれる天然の甘味料。甘さは砂糖と同じでもカロリーは砂糖の4分の3。ダイエットにもいいですね!