なごみ日記

2010年4月30日 てぃだかんかん

at 2010-4-30

沖縄の海が大好きの私は先日、映画を観に行きました。
タイトルは「てぃだかんかん」

沖縄の美しい海を再生するべくサンゴの養殖を成功させた金城浩二さんの実話に基づくストーリーです。
きれいな海、自分のエゴを超えた生き様、家族愛、とても感動的でした♪

私の心に一番ツボに刺さったシーンは...

地元住民からすらも反対され、学界の先生からは馬鹿にされ、そのあげく詐欺にあって多額の借金を作ってしまう。愛する子供たちにクリスマスプレゼントも買うことができない。家計は妻が実家からこっそりお金をもらってやりくりしている。
そんな時、主人公(岡村隆史)は考え抜いた末に妻にこう漏らします。

「今まで、迷惑掛けてごめん。もう、サンゴの養殖を辞める。」

その瞬間主人公の妻(松雪泰子)がもの凄い勢いで、怒るのです。

「何言っているの!?みんな、健ちゃんを信じているんだよ!」
「健ちゃんなら、絶対出来るって信じているんだよ!!」
「自分で自分を信じなくてどうするの!!!」
「普通(の暮らし)がよかったら、最初からあなたの妻になんてなっていないわよ!!!」

フィードバックというよりまさに魂の叫びでした。
このシーンは特に涙があふれて止まりませんでした。

NLPでは人が変わる条件として次の3つを挙げています。
1.心底から相手を信じた時
2.自分を超える目的を持った時
3.ささやかな行動を重ねた時
松雪泰子さんの演技は、1のスポンサーシップの好例でした。相手の可能性を本当に信じていることが伝わりました。また彼女は、体の動きや表情の微妙な変化で気持ちを伝えていく、メラビアンの法則におけるボディランゲージ(の演技)がとても上手で、感心しました。

「てぃだかんかん」お勧めします。
沖縄のきれいな海と感動のストーリーを是非映画館の大きなスクリーンで観てはいかがでしょうか?