コーチング日記

第8ステージその2 NLPを来年のテーマにする

at 2008-11-8

前回話題にしたNLPのセミナーをちょこちょこ受講しています。このセミナーは「カフェ」という名前の通り、気楽に学ぶことができて(1回¥2000!)、温かい雰囲気の中分かりやすく教えていただけるので、初心者には特にお勧めです。
→コードソイルカフェ http://cafe.code-soil.com/

NLPって何?ってことですが、このうちP、つまりプログラミングの部分の概説を教えていただいたのでシェアしたいと思います。
プログラム、とは私たちの無意識の中にあり、10歳くらいまでに幼少期の体験によって作られる。
分かりやすい例としては、高所恐怖症、過食症などです。

例えば、過食症の女性がいるとします。この女性は年頃で、きれいになりたいと思っているのに、きれいになろうと思う度に過食をして激しく太ってしまうのです。なぜでしょうか?
実はこの女性、小さい頃にかわいいことを理由に親戚にいたずらされていたのです。それは小さい子供にとっては、命にかかわる怖い経験でした。(もちろん本人は覚えていませんが…)
そのため、この女性は自分がきれいになろうと思えば思うほど、無意識で「きれいになったら生存が危ない!」と感じてしまい、過食をしてかわいくなるのを避ける、というプログラムが起こるのです。

この本人も知らないうちに自動的に起こるプログラム、これらをNLPでは明らかにしていき、人生に有益でないプログラムは変えていくということです。
幼少期に作られたこのようなプログラムが集まったものが今の自分であり、このプログラムと自分が同一化している限り、私達はこのプログラムを操作することができない、つまり、「変わりたいと思って努力しているのにずっとこのまま」という状況が続きます。
NLPでは、このプログラムを外すことができる、なのでなりたい自分に変わることができる、ということでした。素晴らしい!

ところで私は、1年のテーマを2つ決めて、その2つを全力で学ぶことにしています。ちなみに2008年は「インプラントとリーダーシップ」でした。
そして2009年のテーマを「義歯・咬み合わせとNLP」の年にします!具体的には、全米NLP協会認定NLPプラクティショナーの資格を取得します。
自分が変われば、なごみ歯科医院はもっと良くなるから。
自分が変われば、世界はもっとよりよいものになるから。


上:100kmマラソンを完走した意味は何だったのでしょう?たくさんの学びのうちの一つは自分の人生はまだよくなれるよ、という可能性を見たことです。