コーチング日記

第8ステージその1 NLPとの出会い

at 2008-8-20

飯田史彦先生の本を読んで感動して以来、スピリチュアルに傾いております。さて、最近「シンクロニシティ」(共時性、簡単に言うと偶然の一致)をよく感じます。
先日、NLP(Neuro Linguistic Programming:神経言語プログラミング)のセミナーに出た時の事です。
講師の先生が突然一言。「宮園さんって、なごみコーチング日記を書いている人ですよね?読んだことありますよ。」
受講生からも「私も読んだ事があります!」
なんと、こんな日記を読んでくれている人と会うとは、、嬉しく感じました。

というわけで、最近NLPを少しだけ学び始めました。
コーチングの勉強を始めて2年が経過しました。コーチングの実践もまだまだなのですが、コーチングの限界も感じ始めていました。例えば、心が病んでいる人は対象ではない、とか潜在意識に働きかけたいときに堂々巡りを起こす、、、などです。

とにかく昨年、人生を変えるセミナーで触れたNLPは衝撃でした。何せ、自分の人生がNLP的なアプローチで劇的に変わったのですから!

自分自身の目標を達成したいだけなら、コーチングで十分かもしれない。だけど、他人を助けたり、癒したりするときにはNLPが効果的なのでないか?と悶々と思う日々が続きました。
そして結論は、、「よし、NLPを学んじゃえ!」

と言うわけで、少しづつではありますが、NLPを学び始めました。今後、コーチングとNLPとを同時に学ぶため、両方ごちゃまぜの日記となることをお許しください。