なごみ日記

TDLにて得た大きな学びと忘れ物 河端

at 2007-12-26


 こんにちは。
 先日、TDLへ行ってまいりました。
何のために?
今回のTDLへの旅行の目的はボランティアです。
現在、施設で生活している子供たちと遊んでほしい。そんな要請を受けたのがきっかけでした。
 この、ボランティアに参加するにあたり「よし!じゃあ子供たちと遊んでやるぞーーー!」って何か自分が上からの立場で『やってやろう』というようなニュアンスで考えていました。
 いざ、現地に到着。一緒に遊ぶ大人の仲間と集合、今回の作戦などを練る大人たち。しばらくたって到着した子供たち。大人3人、子供3人の合計6人のチームになってTDLに入りました。季節は12月、しかも今日は土曜日です。当然TDLはとんでもない数の人、人、人。並んでアトラクションを待つこととなりました。並ぶ列の中で、僕らは子供たちといろんな話をしました。その中で、僕は子供たちの何事にも一所懸命、全力でぶつかっていく姿を見るうちに忘れかけていた大事な忘れ物を気づくことができたんです。それは、、何事にも一所懸命にぶつかることでした。言葉で表せば、大したことではありません。でも、これって意外と難しい事を僕は毎日の生活の中で日々感じている事でした。世間体だとか、周りの目だとか、自分の失敗したときの姿だとか・・・。いろんなものを想像してしまうがゆえに僕は大きなことがいつしかできなくなっていました。そんな、子供のころには当たり前で、今となっては忘れそうになってしまっていた大切なことを僕は子供たちから逆に教えてもらった気がします。
本当に貴重なTDLへの旅だった気がします。

今は、あの子供たちに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。