なごみ通信

2006年10月号

at 2006-10-10

おかげさまでなごみ歯科医院も5年目を迎えることができました。
今後も初心を忘れずがんばりますので、よろしくお願いいたします。

酷暑の夏もようやく終わり、クーラーというという言葉が頭をよぎらなくなった今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?暑がりの私にとっては 秋は至福の季節です。食べ物はおいしいし、スポーツをしても気持ちいい、お弁当をもってハイキングに行くのもいいですね。
おいしい空気を吸って、気持ち悪くならない程度の汗をかき、温泉で汗を流す。仕上げとして秋の味覚を堪能する。幸せですよね。秋は健康づくりの季節です。秋を思いっきり楽しむためには健康でならなければならない。秋を楽しむと心と体が健康になる。病気なんかなっていられませんよね。是非 健康づくりのためになごみ歯科に来てください。そして、大いに秋トークしましょう♪
歯科衛生士 矢田紗希子

矢田紗希子 1979年5月2日生まれ 27歳です。
大阪府守口市に生まれ 和歌山県田辺市で 育ちました。小さい頃から体が 縦にも横にも大きく小学生のときは同級生より顔一つ分大きかったです。そして小学生のときから身長が変わっていません・・・(>−<)体重は・・・(秘密です)

高校を卒業後 大阪府堺市で弟と二人で暮らしながら 大阪歯科大学歯科衛生士専門学校に通い 衛生士免許・ヘルパーの資格を取りました。とても大阪にあこがれていたので、休みの日にはいろいろなところに出て行き大阪を堪能したり、大阪の「笑い」に触れたりしました。今の私があるのはそのときのおかげ??歯科衛生士の免許をとり 大阪市阿倍野区の歯科医院に5年勤務しました。その歯科医院で歯科衛生士としてのベースになるものをたくさん学びました。

そののち 縁あって 中国上海での日本人の歯科医院を開業立ち上げを手伝うことになりました。びっくりしたのは歯科衛生士という職業がないことです。看護師さんが滅菌か診療補助といった歯科助手さん的な仕事をし、予防などの衛生士の仕事は歯科医師が受け持っていました。そんななか 日本にいたら出会うことのないたくさんの出会いがあり、定期的に口腔衛生指導をしたり、上海子育てボランティアに参加させてもらったりしています。もう少し中国語が堪能になれるよう勉強中です。

そして 上海から帰ってきて ここ、なごみ歯科で勤務させてもらいはや5ヶ月。
私が、やりたい事 CHP(CHPとはクリニカルヘルスプロモーションの略で来院される方が自分の健康管理に自立できるように専門家がサポートすることです)を院内、来院される方にできるよう、日々勉強していきたいと思っています。関西弁でしゃべる私ですが、皆さんのお話を聴かせていただければと思います。宜しくお願いします♪
(写真うえ:上海の夜景 した:スタッフで日南の歯医者さんに見学にいきました)

こんにちは。
6月より言語聴覚士として、なごみ歯科医院のスタッフとなりました 濱本里美 です。

簡単ではありますが、少し自己紹介をさせていただきます。
1981年8月5日生まれ、春日市出身。
宮崎県にある九州保健福祉大学言語聴覚療法学科を卒業後、
鹿児島県の徳之島徳州会病院リハビリテーション科に入職。
2年程離島生活を堪能し、今年3月に地元福岡に帰郷。
6月より、ここなごみ歯科医院で週1回お世話になっています。

<言語聴覚士とは?>
ではここで、私のお仕事「言語聴覚士」について少し紹介をしたいと思います。
「言語聴覚士」という名称の職種は、平成9(1997)年に産声を上げた比較的まだ新しい
資格のお仕事です。英語では「スピーチ・セラピスト」といい、略して「ST」と呼ばれます。
仕事の内容としては、言語や聴覚、嚥下(食物を飲み込んだりする機能)などに問題のある方々
に対し、その改善や維持、あるいは代償させるための訓練や指導などを行ないます。
問題といっても対称となる方々は様々なので、言葉(発音や吃音など)や飲み込みなど、気になることがありましたら気軽に声をお掛けください。


はじめまして!!
 6月から受付のスタッフとしてなごみ歯科医院に加わりました青木 麻佑子です
1981年7月27日生まれ
 (衛生士古賀涼子と同じ誕生日です )
 2000年3月春日高校卒業
 2004年3月西南学院大学卒業
大学時代はファミレスのジョイフルでバイトし、
大学卒業後は知り合いの塗装屋でペンキ塗りをしていました。
今の私の楽しみは3匹の犬達と遊び、
美容師をしている妹のお店でフットマッサージをしたり、エステをしたり
カラーをしたりとイメージチェンジをすることです!
新作の化粧品が出ては、へそくりを貯めてコレクションしています