なごみ通信

4月号

at 2006-4-20

桜も開花し、卒業・入学・就職と生活にも変化がある季節となりました。赤ちゃんの頃から来院している子供達が小学校入学!という報告を受けると親戚の叔父さん気分でとてもうれしくなります。新しい環境で皆さん輝いてください。なごみ歯科医院も新しいメンバーが加入しました。よりいっそう「こんな歯科医院だったら行きたい!」という場所になれるように頑張ります。 院長 宮園香樹

なごみ歯科医院のオープンカレンダーができました! 
来院される方から「なごみ歯科医院の診療日が知りたい!」という声をいただきました。そこで、携帯電話の画面上で、診療日・休診日が分かる「なごみ歯科医院オープンカレンダー携帯版」を作りました。今後も「より良いコミュニケーション」のためのシステム作りを行なっていきますが、このオープンカレンダーは、その第一弾となると思います。ご活用いただければ幸いです。
初めての方のアクセス方法は次の2つです。
1.URL直接入力 http://pto.jp/?id=nagomi  
2.QRコード   なごみ歯科医院専用のQRコードです

下記の画像がサンプル画面です。(なごみ歯科医院のオープンカレンダー画面とは少々異なります。)このカレンダーを作るにあたり、宮崎県日南市の桜歯科院長河野秀樹先生に大きなお力添えをいただきました。ありがとうございました。

LOHAS(ロハス)に思う…
最近、ロハスという言葉をよく耳にします。Lifestyles of health and sustainabilityの頭文字を取ったもので、「健康的で持続可能なライフスタイル」と訳すのでしょうか。
さて、歯科におけるロハスって何でしょう?それはやはり「予防」だと感じます。予防といっても、予防注射のようなイメージではなく、プロによる気持ちのいいメンテナンス、クリーニングです。
単に虫歯や歯周病を予防するだけではなく、健康維持・増進のため、アンチエイジングの一つとして、美しさを維持するため、そしてなにより美味しさを味わい続けるため….私達プロが皆様の日々のお手入れのお手伝いをさせていただきます。            
では実際どうすればいいのでしょう?
個人差がありますがなごみ歯科医院では約3か月に一度のクリーニング(PMTC・オーラルエステ)をオススメしています。
痛みはほとんどありません。むしろ歯ぐきのマッサージはちょっとした快感です。健康を持続可能にするために是非プロの手を借りてください。今年の私の誓いです。「虫歯を治す歯科医院ではなく、
虫歯を作らない歯科医院を作ろう!」             
虫歯を作らない歯科医院…自分もそのような歯科医院に通いたいです。      
そしてさらにレベルアップ。行けば健康になるような歯科医院、笑顔を増やす歯科医院を目指します。「いつまでも美しく」という願いを私達なごみ歯科医院はサポートします。


↑持続可能?で健康的?な走り?

さて、定期健診はなぜ必要なのか御存知ですか? 
早期発見、早期治療をするためと思われる方が多いのですが、実は、虫歯や歯周病などになりにくいお口の中にすることが一番の目的なのです!!
つまり、皆様の健康をサポートするお手伝いをするために、なごみ歯科では定期健診は欠かせないものと考えています。
悪くなってから歯を削ったり入れ歯をいれたりするこれまでの歯科治療ではなく、健康を守り育て、発症前に病気をコントロールしたいものですね!


インターネットより抜粋

グラフを見ると、歯磨きの指導を受けて家でしっかり磨いている人でも80歳の時点での残存歯数はわずか平均5本です。毎日きれいに磨いているつもりでも、虫歯・歯周病により歯を失っていることになります。
なごみ歯科医院では、皆様が虫歯・歯周病で歯を失うことがないような定期健診を行っております。

なごみ歯科医院の定期健診では     
1、虫歯のチェック
2、歯周病のチェック
3、歯周病予防のための歯石取り
4、美白のためのクリーニング
5、歯を強くするためのフッ素の塗布
このようなことをさせていただきます!是非、定期健診でお会いしましょう!