コーチング日記

第16話 第4ステージその3 ミーティング第1回より

at 2006-4-8

「こんにちは。コーチの小林と申します。コーチって、聞きなれないかもしれないけれども、スポーツのコーチと同じで、医院としてやりたいことをサポートすることがコーチの役割です。今日はミーティングの進行役を務めさせていただきます。」

こうして小林さんをファシリテーターに迎え、よりよい医院を作るためのミーティング第一回が始まりました。
自分はこれまで「ミーティング」そのものに、「時間の無駄」「かったるい」「面倒くさい」というマイナスイメージを持っていたため、「本当にみんなから意見が出るのだろうか?」と半信半疑でした。

「今日なぜ小林さんに来てもらったかというと、院長がミーティングを仕切るとみんなは言いたいことが言えなくなる、このことを心配したからです。院長が自分の意見を押し付けるのではなく、みんなで意見を出し合って、来ていただく方が健康で幸せになる歯科医院、メンバーが活き活きと働け、輝ける歯科医院になるようなミーティングにしていきたいと思います。」
私はミーティングの始まりでこう伝えた後、ミーティングの一参加者となりました。

最初にミーティングのルールを確認することになりました。
1.この場では誰のどんな意見も否定しないで受け入れよう
2.誰もが自分の考えを出し合おう
3.自分を責めることも相手を責めることもなしにしよう
4.自分達が今できることを考えていこう

小林さんにこのようにルールを決めていただいたことで、場がこれまでのミーティングとは違い暖かな雰囲気に包まれたことを感じました。

次に自己紹介です。自分の名前、仕事の内容、自分の強み、隣にいる人の強みを順に言うことになりました。例えばこんな感じです。
「宮園香樹です。なごみ歯科医院の院長をしています。自分の強みは、絶対に妥協をせず、目標のために努力することです。私の隣、古賀涼子さんの強みは、仕事に対する責任感が強く、来院される方から信頼されていることです。」

順々に自己紹介を行なうにつれ、場の雰囲気がどんどん柔らかくなっていきます。
後で知ったのですが、この自己紹介のような方法を「アイスブレイク」というそうです。本題に入る前に、ちょっと頭を回転させて言葉を発してもらう。そのことで場があったまり、次の本題にスムーズに移ることができるのです。うーんなるほど。普段、来院される方や友人とのコミュニケーションにも役立ちそうですね。

自己紹介でみんなの緊張がほぐれたところで、本題に移りました。

「いつものまとまらないミーティングとは雰囲気が明らかに違う。もしかして、うまくいくかも。」私はこれまでのミーティングでは感じたことが無いワクワクした気持ちになりました。