口呼吸と鼻呼吸について

at 2018-4-10

こんにちは!歯科衛生士の平尾です(^^)
過ごしやすい気候になってきましたね♩私は寒いのが苦手なので、暖かい今の季節が大好きです(^^)

みなさん『口呼吸』と『鼻呼吸』の違いをご存知でしょうか?

口呼吸とは、
口から息を吸ったり吐いたりすること。鼻を使わずに口で呼吸することです。

鼻呼吸の場合は鼻腔などで吸気が浄化、加湿されますが、口呼吸では、空気中の雑菌などがそのまま体内に取り込まれるなどの危険があるとされています!

さらに口呼吸は、
口の中から唾液が蒸発しやすくなり、
口臭が強くなります。

唾液は抗菌作用があるため、
唾液が少なくなると細菌が増殖し、
口臭の原因になってしまうんです(*_*)

他にも口呼吸によってお口だけではなく、身体に悪影響を及ぼす事がたくさんあります!

口呼吸チェックシート

 

口呼吸チェックシートで是非確認してみてください!

口が開きやすい人はとにかく口を閉じて
意識的に鼻で呼吸するのがオススメです(^^)

あっ、口が開いちゃってる!と思ったら、すぐに閉じる。
私も集中したりするとお口がぽかんと開いている事があるので、気づいた時にはお口を閉じるようにしています!

ぜひ鼻呼吸を習慣にしてみてくださいね(^^)