なごみ日記

2012年6月4日 阿蘇カルデラスーパーマラソン(100km)

at 2012-6-8

6月2日土曜日、昨年に続いて阿蘇カルデラスーパーマラソン100kmの部に参加しました。
昨年バタバタした反省を生かし、朝1時40分に自宅を出発し、3時30分位に現地に着きました。十分なカロリー補給をして朝5時、万全のスタートです。

涼しい気温、小雨という絶好のコンディションの中、去年よりハイペースで走ります。
42km通過、4時間7分。順調です。
今年は5月上旬に、左足のふくらはぎを傷め、それ以降ほとんど練習できずに本番を迎えました。なので、いつふくらはぎの傷みが再発するのか不安を感じながらのレースです。
45km手前、左足のふくらはぎに違和感を感じたと思ったら、あっという間に激痛に変わりました。次のエイドまで何とかたどり着いてリタイアしよう、と思いますが、痛くて歩くこともできません。
しょうがないので、その場に座り込んで左足を曲げたり伸ばしたり、鎮痛剤を飲んだりといろいろするうちに、やっと歩けるようになりました。
とにかく、次のエイドと思って歩いていたら、ゆっくりなら走れるようになりました。
ゆっくりゆっくり走っていると、今度はジョグ程度ならできるようになってきました。
単に鎮痛剤が効いてきただけかもしれませんが、激痛から解放されたのが嬉しく、リタイアはいつでもできるので行けるところまで行ってみることにしました。

中間地点を通過。4時間59分。夢のサブテンペースです。
無理しない走りでちょこちょこ進みます。
エイド到着。5時間3分。17分休憩をして、おにぎりやそばをいただき、走り出します。
65km。待ちに待ったコーンスープ!
「いくらでも飲んでいいよ。」って言ってくれたので、2杯飲みました。
美味しかった♪~これを飲むためにここまで走ってきたと言ってもいいくらいです。産山村の皆様、今年もNo.1エイド、ありがとうございました!

ところがこの後70kmくらいから、練習不足によるスタミナ切れを起こし、ちょっとの上り坂でも歩くようになりました。
後続のランナーにどんどん抜かれます。結局、この状態が87kmまで続き、大きくペースダウンしてしまいました。

88km辺りからようやく復活し、できるだけスピードを出して下り坂を走ります。
92km地点、10時間8分。あと8kmを52分で走れば10時間台でのゴールになります。
「狙ってみるか…」ここからかなりのスピードを出してゴールに向かいます。
一度復活すると疲れを感じないのはウルトラの不思議です。10時間56分23秒。。。自分としては出来過ぎです。

絶好のコンディションに恵まれたので、自己ベストは当然だろうと思われるでしょうが、今回は一度リタイアすることを決めてからの完走だったため、ゴールの後の嬉しさ、達成感は大きく、感極まりました。
一緒に出場した友人や、クライアントさんも完走し、今年の阿蘇のゴールは、笑顔と嬉し涙の優しいオーラに包まれていたような気がします。

ゴール後、facebookでたくさんの友人からコメントをいただきました。
その中で多かったのが、「パワーをもらった」というものでした。

人に力を与えることができるのなら、自分が生きている使命そのものです。
6日経った今でも体中が痛いけど、皆様が喜んでくれるなら、来年も走ります!

最後に、日々サポートしてくれて、当日はわざわざ迎えに来てくれた妻、ありがとう。
帰りの車では爆睡していて、記憶がありません。
丈夫な体に生んでくれた両親、神様、ありがとうございました。
いただいた体を大切にして、マラソン以外に、他の人が幸せになるように使っていきます。